2013年10月02日

MAGICAL CHAIN ひとり SPECIAL〜2013 秋〜


ウルフルケイスケ

MAGICAL CHAINひとり SPECIAL
〜2013秋〜

9月16日(祝)に行われました

ウルフルケイスケさんの初めての

大船渡でのライブ


当店でこれまでも数々のライブイベントを

行ってきましたが

その度、少し寂しい思いもしてきました

それはミュージシャンの方々は

当日リハ前に現地に入り

本番をして打ち上げをして

帰って行きます

わずか数時間しか実は交流が持てないのです


今回ウルフルケイスケさんも当日入りの

予定でした

前々日に福島でライブをして

前日は移動日にあてていました

ところがその前日に突然電話がかかって

きて前乗りする事にしましたと

急遽大船渡屋台村で落ち合うことになりました

004


沖縄料理ゆめんちゅと

屋台村そばのBOSCOで一杯話しをしました

025


話をしていると意外に共通項が多いことが

わかりました

私は明石という町で育ったのですが

ケイスケさんは明石の大学に通っていたとか

同じような音楽を聞いてきたとか

(初期THEMODSを同じ場所でみていた)

付き合いのあった共通なミュージシャンがいたとか

友達のような感じで接することができました

プラザホテルに泊まったので

昼飯は割烹うら嶋で食ったらいいですよと

教えましたw

(残念ながら定休日だったらしい)


そしてライブ当日

外は台風による大変な大雨でした

ちょうどライブの開始時間が

最暴風域の予定でした

これはマイッタと思いながらも準備リハを

進めていましたが

006

005


ミラクルは起こるもので

台風は速度をあげて通過してくれたらしく

開演前には虹が出るというサプライズ

残念ながら台風によるキャンセルというお客さんも

いたんですが、まぁしょうがないですね


オープニングアクトのオープニングアクトという事で

急遽わざわざ九州から来て

鎮魂のベリーダンスを踊ってくれたREE

009


オープニングアクトにどうしても出したくて

ケイスケさんに許可をもらった

私のお気に入りの東洋線

012


この途中からUST中継をする事に気づいて

IPHONEで中継していたので

肝心なケイスケさんの本番写真は無いw


その後出演者スタッフなどなどで

恒例のラーメン屋さんの打ち上げとなりました

013

014

015

016

018

024


遠くからきていただいた方々

お手伝いしていただいた方々

ありがとうございました

どうしてもっと地元の人達が集まらないのか

それが今後も課題になってきます


気仙の人達は昔から”娯楽が無い娯楽が無い”と

口癖で言います

今はライブハウスもあるし沢山外からも

刺激のあることをやってくれてます

でもどれもあまり集客がいいとは思えません

結局気仙の人達は

娯楽の楽しみ方を知らないのかな

という苦言も一つ残しながら。。。



今回の思い出にケイスケさんがくれた

世界で唯一のこの日のライブで使ったピック

ハコの店主の特権ですかね

これからは好意をもってケーヤンと呼ぼうと

思います

なんせケーヤンが中1、私が中3で先輩ですからねw

022

023


sanmadashi_kurofune at 21:35│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字