2013年03月21日

濃厚毛ガニとんこつラーメン!

過去何度か上げてますが

ここにもう一度紹介したいと思います

何故ならば全国唯一無二の商品だから

真似をしようと思っても無理です

何故ならば手間がかかりすぎるから><

一時期東京のラーメン屋さんや評論家間で

”鮮魚系”というジャンルが来ると言われてました

いわゆる生魚介ものを使ったラーメンです

俗に言う魚介ラーメン(うちの秋刀魚だしラーメン含め)は

干しものや節ものを使うのが本道です

生はどうしても独特の生臭さが出てしまうので

扱いが難しいです

その生臭さとの戦いを乗り越えて

初めて鮮魚系のラーメンが出来上がると思います

それでも数は少ないし結果”来なかった”と感じます

うちは大船渡にあるお店なので

いつかはチャレンジしなければと思っていたジャンル

そこで目をつけたのが”毛ガニ”

そうして出来上がったのが”毛ガニ白湯ラーメン”

3年ぐらい前でしたかね

今年それをさらに進化させて

時代の流れは濃厚系

以前は鶏白湯(とりパイタン)と毛ガニを併せて

いましたが、

今年は鶏白湯にとんこつを更に煮出したものに

毛ガニを併せました

出来上がりまでに計3日かかります


鶏ガラ → 煮出し → 寝し  一日目
鶏白湯 → とんこつ投入で煮出し → 二日目
鶏とんこつ → 毛ガニ投入で煮出し → 三日目

更に毛ガニはただ併せるだけでは

臭みが出てしまいます

工夫に工夫を重ねていきます

ここにはイタリアンの知識を使いました


まず毛ガニです
P1010296


軽くボイル
30951_297903656994203_918101890_n


エクストラバージンの

オリーブオイルで炒めます(もこみち風w)
248956_297907923660443_406093584_n


そしてこれが以外と重要!

テストに出るよ!

トマト投入
3760_297908543660381_899929144_n



炒めあがったらスープに投入します


次にあらかじめ取り出しておいた

カニみそ炒め

(もちろんもこみち風)
46226_297909566993612_728375053_n


手を止めずに炒め続けます
598482_297909620326940_1525855479_n


カリカリになるまで炒めます
291882_297909836993585_1870647616_n

そしてスープに投入

約1時間煮出して漉すと出来上がり


正直これは一杯850円という

ラーメンとしては高価な値段設定です

それでもほとんど利益が出ません

手間と毛ガニの値段と炊き出すガス代考えると

やって得は全くないです・・・


でもこの作品は出さなければいけないと思ってます

自信作だし復興の証しとして

そしていつかはお土産ラーメンや

通販でも出したいと思ってます


一応”旬”のものとしての提供ですから

水揚げがなくなったら終了する場合があります

岩手県で初、唯一の鮮魚系ラーメン

濃厚毛ガニとんこつラーメン(つけ麺もあります)

お早めにお召し上がり下さい


昨日放送された5きげんテレビの模様。。。

番組をアップロードする技術を持たないので

テレビ画面をそのままiphoneで撮ったものですw



sanmadashi_kurofune at 13:10│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字