2013年05月31日

BLACK BALLET ライブ告知!

画像1 少し先の話しですけど、久々のライブイベント開催のお知らせです 今回は大人のライブになります 日本一のスラップベース奏者 江川ほーじんさん(ex爆風スランプ)率いるBLACK BALLET ドラムは元ボ・ガンボスの岡地さん 絡むギターとブルースハープ 月命日に鎮魂のブルースを 7月11日(木) LIVE黒船a go go(秋刀魚だし黒船)

sanmadashi_kurofune at 21:51|PermalinkComments(0)

2013年05月29日

サイマルラジオ

本日の夜、21時からのFMねまらいん(大船渡のコミュニティFMです)アクションネットワークトークにゲスト出演します 地域外でもネット環境やスマホアプリがあればサイマルラジオで聞く事が出来ます サイマルラジオをググって、そこからFMねまらいんに行って下さい 司会はアフロ森君 普通に友達(さらに今はうちのバイト君w)なんで、ざっくばらんな普通の会話になってると思います 彼とは約15年前にARBの追っかけで高知で会っている関係です 是非聞いて下さい

sanmadashi_kurofune at 11:34|PermalinkComments(0)

2013年04月02日

黒船あるある

[黒船あるある]

大人は予測で行動してしまう

という話し


秋刀魚だし黒船に来店して頂いた方には

わかると思いますが

当店はエントランスが少し複雑

いや、決して複雑ではないんですが

ほとんどのお客さんが複雑にしてしまう

入ったところに出てくれればいいものを

違うところから出ようとする

お勘定を終えてそのまま

前進してもらえれば出口なのに

ほとんどのお客さんが振り返り

製麺室に入ろうとします(笑)

駐車場をそちら側なので

出口もこっちなん”だろう”と

予測で行動してしまった結果なんでしょう

ほぼ80%ぐらいのお客さんが間違えます

常連さんで何度も来られてる方でも

間違えます(笑)


でもね、子供さん、小学生以下の子供たちは

不思議とほとんど間違えません

多分99%間違えないと思います

小さくてよちよち歩きの子供でも

普通に出口に向かいます


大人ってダメね(笑)


sanmadashi_kurofune at 23:53|PermalinkComments(0)

2013年03月26日

ありがたいお葉書2

お店をオープンしたり事業開始した経験が

ある方には理解頂けるかと思いますが

オープン時に来店されるお客さんの

多くは”どれどれ?”と

お店の雰囲気を斜めに見る方が

多いと思います

それはそうでしょう

最初から店のファンはいません

私の場合、チェーン時代のオープン、

黒船のオープン、移転してのオープンと

3度の新規を経験しました

最初の時はわけがわからなく覚えてませんが

その後のはとてもいい思いはありません

そして合わない人は来なくなるし

気に入ってもらえた方は常連さんに

なってくれてました

そうしてお店が続けば続くほど

洗練されたお客さんが増えていくんだと

思います

移転してから早6年が経過しまして

素敵な常連さんに来て頂いてました

勿論新規のお客さんもいらっしゃいます

でも良い常連さん達が作ってくれる

良い雰囲気の店内であれば

変な新規客も来ないと思ってます

来ても2度目は来ません



贅沢な話かもしれません

カップ麺発売以降、新規の大勢の

お客さんが来店されます

まるで新規オープン時のように

逆に常連さん達の姿が減りました

盛況に見えると思われるけど

殺伐とした店内に危機感を感じています

ブームが去った後のお店まで

誰も面倒みてくれませんからね


こんなんだったらカップ麺なんて

出なければよかったって

思う気持ちも正直あります

ここは私の弱い部分なんでしょう


心の浮き沈みは少なからずありますよね


そんな中、また1枚のお葉書を

頂きました

こういう事があると

(逆にこんな事は普通まず無い)

やってよかったのかな

また頑張らなきゃなって思わせてくれます


IMG_0824



メールを頂く事もあります

暖かい心遣いありがとうございます


大船渡の復興と共に

頑張ります






sanmadashi_kurofune at 20:54|PermalinkComments(2)

2013年03月21日

濃厚毛ガニとんこつラーメン!

過去何度か上げてますが

ここにもう一度紹介したいと思います

何故ならば全国唯一無二の商品だから

真似をしようと思っても無理です

何故ならば手間がかかりすぎるから><

一時期東京のラーメン屋さんや評論家間で

”鮮魚系”というジャンルが来ると言われてました

いわゆる生魚介ものを使ったラーメンです

俗に言う魚介ラーメン(うちの秋刀魚だしラーメン含め)は

干しものや節ものを使うのが本道です

生はどうしても独特の生臭さが出てしまうので

扱いが難しいです

その生臭さとの戦いを乗り越えて

初めて鮮魚系のラーメンが出来上がると思います

それでも数は少ないし結果”来なかった”と感じます

うちは大船渡にあるお店なので

いつかはチャレンジしなければと思っていたジャンル

そこで目をつけたのが”毛ガニ”

そうして出来上がったのが”毛ガニ白湯ラーメン”

3年ぐらい前でしたかね

今年それをさらに進化させて

時代の流れは濃厚系

以前は鶏白湯(とりパイタン)と毛ガニを併せて

いましたが、

今年は鶏白湯にとんこつを更に煮出したものに

毛ガニを併せました

出来上がりまでに計3日かかります


鶏ガラ → 煮出し → 寝し  一日目
鶏白湯 → とんこつ投入で煮出し → 二日目
鶏とんこつ → 毛ガニ投入で煮出し → 三日目

更に毛ガニはただ併せるだけでは

臭みが出てしまいます

工夫に工夫を重ねていきます

ここにはイタリアンの知識を使いました


まず毛ガニです
P1010296


軽くボイル
30951_297903656994203_918101890_n


エクストラバージンの

オリーブオイルで炒めます(もこみち風w)
248956_297907923660443_406093584_n


そしてこれが以外と重要!

テストに出るよ!

トマト投入
3760_297908543660381_899929144_n



炒めあがったらスープに投入します


次にあらかじめ取り出しておいた

カニみそ炒め

(もちろんもこみち風)
46226_297909566993612_728375053_n


手を止めずに炒め続けます
598482_297909620326940_1525855479_n


カリカリになるまで炒めます
291882_297909836993585_1870647616_n

そしてスープに投入

約1時間煮出して漉すと出来上がり


正直これは一杯850円という

ラーメンとしては高価な値段設定です

それでもほとんど利益が出ません

手間と毛ガニの値段と炊き出すガス代考えると

やって得は全くないです・・・


でもこの作品は出さなければいけないと思ってます

自信作だし復興の証しとして

そしていつかはお土産ラーメンや

通販でも出したいと思ってます


一応”旬”のものとしての提供ですから

水揚げがなくなったら終了する場合があります

岩手県で初、唯一の鮮魚系ラーメン

濃厚毛ガニとんこつラーメン(つけ麺もあります)

お早めにお召し上がり下さい


昨日放送された5きげんテレビの模様。。。

番組をアップロードする技術を持たないので

テレビ画面をそのままiphoneで撮ったものですw



sanmadashi_kurofune at 13:10|PermalinkComments(0)

2013年03月19日

東北人魂

先日行われました JR盛駅前での

BRT開通イベントでのラーメンお振る舞い

その際に明星食品蠅気鵑里感力により

販売致しました黒船のカップ麺

計17ケース204個

一つ200円で販売致しましたので

総額40800円

告知通り

東北人魂岩手グラウンドプロジェクトさんへ

全額寄付させて頂きました

ここに報告致します

IMG_0820

IMG_0821



元々私もサッカー少年だった事

小笠原選手のファンだった事

創業の時の店が大船渡高校の近くだった事

かみさんやスタッフが同校のOBだった事

色々と理由はありますが

未来ある子供たちへの支援に共感致しました

これからも大船渡の子供たちをよろしくお願いします



sanmadashi_kurofune at 18:49|PermalinkComments(0)

2013年03月07日

しあわせカモン

久しぶりに映画館に映画を見に行きました

我が家の松本哲也贔屓の父と娘2人で

「しあわせカモン」

震災が起こる3ヶ月程前、

松本哲也は岩手沿岸部を弾き語りツアーで

回りました

うちの店でも演ってくれました

それが私と彼との出会いでした

正直ライブが決まるまでは

名前ぐらいしか知りませんでした

古いアルバムを知人より入手して

又、アマゾンで「空白」の本を買って

当日に備えました

その日以来、私と娘は松本哲也のファンになりました

震災後、広くて狭い体育館避難所から

避難して店に家族で泊まることになりました

電気はようやく点くって頃、

それでも店にはテレビが無かったので

退屈を持て余していました

娘は暇に任せて店に置いてあった

「空白」を読み始めました

ちょうど読み終えた瞬間のことです

窓をコンコンと叩く音がしました

松本哲也がそこに立っていました

そこからは彼の被災地での活動は

皆さんご存知の事でしょう


今は違う場所にありますが

その昔、大洋学園(彼の育った養護施設)は

久名畑にありました

そこから哲也と母は手をつないで

長安寺のバス停まで歩いていった

「空白」にはそう書いてあります

(映画ではちょっと違うんだけど・・・)

まさにその通りはうちの店の前です

<松本哲也ストリート>と書いた

看板を作る事を真剣に考えてました

私は勝手に彼との縁を感じています

63205_349217125196189_729063857_n


今年彼は再メジャーデビューを果たし

再び東京の音楽シーンに殴り込みをかけます

まさに今日、彼のメジャー再デビューの

フルアルバムが発売されました

その日に私は彼の自叙伝から

作られた映画「しあわせカモン」を

見に行きました


お店に寝泊りしていた頃

パソコンに取り込んでた松本哲也の歌を

よく聞いていました

その中の一曲を子供たちとよく

歌っていました


”考えても 答えなど 何の意味もないから

感じたままに生きろ それだけの事なのさ

プライド捨てて

今微笑む 目の前の 君のために歌うよ”


この歌に背中を押されて

炊き出しを始めました


私は勝手に彼との縁を感じています


人は弱くなった時

何かに頼るのかもしれません

それは”神”であったり

”金”であったり、、、


私の場合はやっぱり”歌”だったのかも

しれません。。。


sanmadashi_kurofune at 03:19|PermalinkComments(0)

2013年02月18日

ありがたいお葉書

お店のポストに届いておりました

差出人名の無いハガキが一枚

おそらくカップ麺を買って頂き

なおかつテレビを見てくれた方が

出してくれたんだと思います

文面から察するに私よりも

ずっと人生の先輩だと思います

心してこれからも進んでいきます

ありがとうございました


64713_341398559311379_494094240_n



sanmadashi_kurofune at 19:45|PermalinkComments(2)

2013年02月15日

久々の炊き出し

久々に炊き出しをします

3月2日 JR大船渡線の代替措置として整備が進んでいる

BRTの開通式典行事が

大船渡と陸前高田で同時に行われます

うちの店はJRさんからのご依頼により

盛駅にて秋刀魚だしラーメンのお振る舞い(炊き出し)

の協力をします

お店はお休みになってご迷惑をおかけしますが、

これも町の復興の第一歩だと思いますのでご理解ください

当日は出来うる限りの量を用意しますので

どうぞ食べに来てください

子供向け中心に色々な催しがあるようです

マジックの藤井あきらさんも来ます

うちは3日(土曜日)のみの出店ですが4日も開催されるようで

臼澤みさきちゃんが来るようです


sanmadashi_kurofune at 23:16|PermalinkComments(4)お店のこと 

2013年01月30日

待望の毛ガニの水揚げ!

今年度の大船渡産毛ガニの

水揚げがようやく始まりました

今年は海産物が例年より

約1ヶ月遅れているそうで

このまま揚がらないんじゃないか?と

若干不安になりましたが、、、

って事で今年も毛ガニを使ったラーメンを

始めます

これまで2年続けて”毛ガニ白湯(パイタン)ラーメン”

という名前で南部どりの鶏パイタンを作り

そこへ毛ガニをひと工夫して生臭さを出さないように

併せて仕上げてきました

が、今年は少しグレードアップします!

南部どりの鶏パイタン(ここまでは一緒)

      ↓↓↓

一晩寝かせた鶏パイタンに

豚ゲンコツと背骨を入れて煮出し

      ↓↓↓

一晩寝かせた鶏とんこつに毛ガニを

併せて煮出し

      ↓↓↓

一晩寝かせて提供


これで濃厚毛ガニとんこつの完成です

炊き出し時間は計14時間ぐらい(?)

完成までに3日かかる大作です

元々東京のけいすけさんのエビそばけいすけ

に刺激されて作ったメニューですが

おそらくそれは超えたと思います

何故ならば地元産だから

私は決して器用な方ではなくて

不器用ゆえ新作作るまでに

何年もかかってしまうんです

味とかだけではなくて

そこに物語がなければいけないと最近は

思ってます

だから地元産や県産素材にこだわりが

強くなってきているんだと思います


”秋刀魚だし”と屋号に打ってるのに

こんな事をいうのもどうかと思いますが

この毛ガニはこれまでのラーメン稼業で

一番の自信作です

誰も真似出来ないと思います

真似しようとしてもこの物語は

生まれないと思います


・大船渡アマタケの南部どり

・大船渡水揚げの毛ガニ

・県産トンコツ

・県産小麦ゆきちから

オール岩手のラーメンここに完成です

おそらく岩手ビッグブルズよりも純県産(笑)


今年はラーメンだけでなくつけ麺も

提供します

つけ麺はゆきちから全粒粉たっぷりの

極太麺でどうぞ

麺を食べ終わった後にご飯をインしても

美味しいと思います

当店のお米は住田町産(笑)


トッピングはこれから徐々に変わると思います

色々イメージが出てきているんで・・・





sanmadashi_kurofune at 00:14|PermalinkComments(1)